神戸華聯旅行社/WELCOME TO KAREN Homepage/www.kobe-karen.co.jp/

 

      <税関ガイド>

~出国時の税関手続き~


チェックイン⇒空港保安検査⇒税関⇒出国審査⇒出国

現金などの持ち出し 100万円相当額以上の現金・小切手・トラベラーズチェックなどを外国に持ち出す場合、税関に
「支払い手段などの携帯輸出・輸入申告書」の提出が必要です。
用紙については、税関職員にお申し出ください。
輸出免税物品の確認 外国に持ち出すことを前提に、日本国内(空港外)の免税店で購入した免税品については、
購入時に免税店が発行した「輸出免税物品購入記録票」を現品と添えて、税関に提出し、
輸出証明の確認を受けてください。
外国製品持出しの届出 現在日本国内で使用している外国製品(腕時計・バッグ・指輪など)を外国に持ち出す場合、
出国時に税関の確認を受けていないと、入国(帰国)時に外国で購入したものと区別出来ずに
課税される場合がありますので、現品を添えて税関に届出を行ってください。用紙については
税関職員にお申し出ください。

~入国(帰国)時の税関手続き~


到着⇒検疫⇒入国審査⇒動物検疫・植物検疫⇒税関⇒入国

携帯品の申告 税関では外国から入国(帰国)されるすべてのお客様に、輸入が禁止・規制されている物品の有無、
免税範囲を超える物品の有無などについて確認をしています。迅速かつ適正な通関を図るため、
「携帯品・別送品申告書」1通に、必要事項を記入の上、税関職員に提出をお願いいたします。
(弊社でチケットをご購入していただいた方には、空港でお時間かからないよう、チェック欄以外の
お名前・ご住所などのデータ記入済の用紙を事前にお渡しいたします)

*別送品がある場合は、2通必要になります。
現金などの持ち込み 100万円相当額以上の現金・小切手・トラベラーズチェックなどを外国から持ち込む場合、税関に
「支払い手段等の携帯輸出・輸入申告書」の提出が必要です。
用紙については、税関職員にお申し出ください。

~免税範囲と税額~

   ①簡易な税率が適用されるもの (関税、内国消費税及び地方消費税が含まれています。)

品目 免税範囲 免税範囲を超えたときの税額
酒類 3本
(1本760ml程度)
  • ウイスキー、ブランデー 1ℓあたり500円
  • ラム、ジン、ウォッカ   1ℓあたり400円
  • リキュール、蒸留酒   1ℓあたり300円
  • ビール、発泡酒、ワイ  1ℓあたり200円


紙巻 <居住者>
日本製 200本
外国製 200本
<非居住者>
日本製 400本
外国製 400本
1本あたり 7.5円
葉巻 50本 100本 一般税率
(35%~無税)
詳しくは税関にお問合せください。
その他 250g 500g
香水 2オンス
(1オンス 約28ml)
15%
(下記の対象品は、別途消費税必要)
(下記の関税無税品は5%のみ)
その他の
 物品
20万円
(1個で20万円を超える場合は
その全額に課税されます)

                *商品・商品サンプルなどは免税になりません。
                *20歳未満の方は酒類とたばこが、6歳未満のお子様はおもちゃなど本人が使用するもの以外 
                                                                   は免税になりません。
                *上記の免税範囲を超えた場合で、1個(1組)が10万円を超えるものには、一般関税率が適用されます。

   ②一般の関税率が適用されるもの  (関税のほか消費税及び地方消費税がかかります。)


   ③関税無税品 (消費税及び地方消費税(合計で5%)のみが課税されます。)

     腕時計、貴金属製の万年筆、貴石(裸石)、ゴルフクラブ、書画、彫刻、 パソコンなど

詳しくは税関にお問合せください。


~輸入禁止品~
     ★日本への輸入が禁止されている主なもの

  • 覚せい剤、麻薬、大麻、あへん、MDMA など
  • けん銃などの鉄砲、これらの銃砲弾やけん銃部品、爆発物
  • わいせつ雑誌、わいせつDVD、児童ポルノ など
  • 偽ブランド品、海賊版などの知的財産侵害物
  • 「土」「土付きの植物」「植物を害する検疫病害虫」、「いねわら・いねもみ(朝鮮半島・台湾除く)

     ★要注意のもの

肉製品 原産国や製品によって、輸入できないものがあります。
例)アメリカからの牛肉、ビーフジャーキー、ソーセージなど
詳しくは農林水産省動物検疫所  でご確認ください。
動植物 原産国・地域によって、輸入が禁止されているものがあります。
代表的なもの⇒アジア地域のほとんどの熱帯果実類(パパイヤ・マンゴー・グアバ・レイシ・成熟バナナなど)、生果実、ウリ類など
詳しくは、農林水産省植物防疫所  でご確認ください。
外来生物 もともと日本にいなかった外来生物のうち、生態系に被害を及ぼすもの等については、輸入が規制されています。
代表的なもの⇒カミツキガメ、上海蟹など
詳しくは、環境省自然環境局  でご確認ください。
医薬品や
化粧品など
医薬品や化粧品などについては、個人が自分で使用するために輸入できる数量が決まっており、これを超える場合には、厚生労働省の手続きが必要です。詳しくは厚生労働省にご確認ください。
  * 医薬品及び医薬部外品・・・・2ヶ月分
    (医者の処方箋が必要な要指示薬は1ヶ月分)
  * 外用剤(要指示薬は除く)・・・1品目24個
  * 化粧品・・・1品目24個